ブルックナー 交響曲第4番 朝比奈隆 大阪フィル 2000年


ブルックナー 交響曲第4番

ハイレゾ音源もあります。

ブルックナー 交響曲第4番 ハイレゾ

朝比奈さんの最後のブルックナー演奏のシリーズ。これをハイブリッドで再発したもの。ただし、ハイクオリティSACDということで、ステレオオンリーである。このシリーズは、第9だけは、最初からSACDで発売されたが、これもHQで出た、
2000年11月27日、ザ・シンフォニーホールでのライブ録音。非常にすばらしい音響空間を再現している。実にのびのびとした音である。やはりステレオに特化したことで、フォーマットの余裕があるのだろう。

これは実際に聴いた演奏。この演奏会は、マネージメントがいつものところでなかったこともあって、めずらしく空席が目立った。最晩年の朝比奈さんのブルックナーといえば、あっという間に売り切れたから、非常にめずらしいことだった。

今、あらためてきいてみる。とてもテンポが速く、比較的さらっとした表現である。最晩年の朝比奈さんは、とくに新日本フィルとブラームスチクルスをやったときにクレンペラーを参考にしたそうだ。昔よりぐっとテンポが速い。

このブルックナーも非常にあっさりとやっている感じもするが、録音もすばらしく、実に至福の音響空間に浸ることができる。NHK交響楽団のものより、さらにすっきりした表現である。しかし、軽いというのではなくて、不思議な快適さの中に、圧倒的な満足感がある演奏。

当時、この年齢になって、またあらたな表現に挑戦、というイメージを抱いたものだが、今改めてきくと、これが到達点なのだ、と感慨深い。NHK交響楽団の名演から1ヶ月たっていない。さすが大阪フィルとの結びつきが、ほかでは絶対きけない響きを出している。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です