ブルックナー 交響曲第9番 朝比奈隆 大阪フィル 2001年 最後のブルックナー


ブルックナー 交響曲第9番

ハイレゾ音源もあります。

ブルックナー 交響曲第9番 ハイレゾ

SACDHQでの再発、これだけは最初にSACDマルチで発売された。朝比奈さんの公式録音としては最後のもので、最後のブルックナー演奏。そして、大阪での最後の演奏。映像も出ている。

生涯最後の演奏は名古屋でのチャイコフスキーの交響曲第5番でこれは追悼文集とセットになっているが一般発売されていないが、本当に涙涙のすばらしい演奏だった。(私はCDしか聴いていないが)

2001年9月24日、大阪、ザ・シンフォニーホール(ライヴ)で、この演奏は実際に聴いている。私にとっても朝比奈さんのライブの最後の体験となる演奏会であった。席はシリーズ券で、音響的にはイマイチだったのが、今にして残念に思う。このとき、現れた朝比奈さんは、げっそりやせていて、かなり弱っている感じだった。演奏会も、ちょっとハラハラして聴いていた。

最初に出たSACDは響きが薄く、あんまりSACDとしておもしろいものではなかった。今回、あらためてSACDHQとして出たのだが、これの音の印象がずいぶん違う。ホールトーンが豊かで、響きが実に美しい。オケの響きが以前の盤よりも厚みもある。前回の盤は、EXTONのSACDの初期のもので、その後いろいろ得たノウハウを生かしたのだろう。

この演奏時点では、朝比奈さんの相当指揮の技術もおとろえていて、アンサンブルの乱れもけっこうある。とくに衰えは最初のところに目立ち、アンサンブルの乱れもかなりある。また、大きくフレーズが変わるところも、かなり乱れている。実際みていて、棒もよくわからなかった。しかし、そういうところ、前の盤より気にならない。

第2楽章になってからは、アンサンブルもよくなる。テンポが一定しているので、オケがペースをつかみやすかったのだろう。

第3楽章になると、だいぶ乗ってきて、テンポもそんなに遅くなく、とても充実した響きを聴くことができる。終わり方が、とても美しい。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です