朝比奈さんの録音を今聴くことの意義


朝比奈さんのCDを今になって集中的に聴いています。

CDは、まずほとんど全部もっていますので、出してくればいいわけです。

しかし、こういうこといままでになかったのです。

だいたい、ほとんど、CDが出たのと同時並行で生を聴いていたわけです。

だから、つねに今の音を意識していたわけです。

今、聴いてみて、

一番最後のものは、やはりすごいと思います。

今、はじめて朝比奈隆という人間の音楽を聴くなら、最後のころのものを聴けばいいのでしょう。

最後でなくても初期でもすごいのがあって、たとえば、フロリアンのブルックナー、そういうものをちょっと追加して、聴けばいいのでしょう。

今になって、下手だったといわれる初期のもの、けっこう上手なんです。私も年をとって、あんまり細かいことにこだわりがなくなった、ということもあるでしょうね。

しかし、こういう昔のものを聴くと、こうやって、いろんな演奏ができてきたんだ、ということがよくわかって面白いです。

最晩年、ブラームスの演奏で、朝比奈さんは、非常にテンポのはやいすっきりした演奏にかわりました。クレンペラーを意識したそうです。

しかし、それも必然だったような気にもなります。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です