ベートーヴェン 交響曲全集 5回目 朝比奈隆 大阪フィル キャニオン


朝比奈さんの第5回目のベートーヴェン交響曲全集は、キャニオンによるものです。

PCCL-00171 8枚組
諸石幸生によるインタヴューがついていてます。リハーサルも。

朝比奈隆指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団 [7] 大阪フィルハーモニー合唱団,井岡潤子(S),伊原直子(A),大野徹也(T),多田廸夫(Br)

この全集の特徴は、多くが、大阪フィルハーモニー会館での録音ということです。そえは、1,2,4,6,7,8の6曲が、実にライブではなくて、セッション録音なのです。

3と5はシンフォニーホール。9はフェスティヴァルホールでのライブ録音です。

もともとは、朝比奈隆の軌跡Ⅴとして企画されたシリーズが軸になっています。このシリーズでは、シンフォニーホールで、3,5,6,7が取り上げられ、そのうち3,5はライブ収録、6,7は、リハーサルを録音したものです。

このリハーサルは、大フィルの練習場でのものですが、ここのホールはちゃんと座席もあり、すぐれた音響をもっています。

基本的には、路線は一緒ですが、第9のテンポがはやくなっています。
それと、第7番は、ミスがそのまま録音されていて、楽員のシラーという声まではいっています。どうして、これが発表されてしまったのか、ちょっと不可解です。

データ

第9番 1991年12月29日 大阪フェスティヴァルホール(ライブ)

第3番、レオノーレ 1992年3月29日 シンフォニーホール (ライブ)

第1番、第4番 1992年4月6日~8日

第5番 1992年4月25日、26日 シンフォニーホール(ライブ)

第6番 1992年5月30日、31日

第7番 1992年6月27日、28日

第2番、第8番 1992年8月17日~19日

この全集の入手は、今は難しいと思います。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です