ベートーヴェン 交響曲第9番 朝比奈隆 大阪フィル 1977


ベートーヴェン 交響曲第9番

朝比奈隆指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団・合唱団

常森寿子、田中万美子、林誠、木村俊光

1977年12月29日 大阪フェスティヴァルホールでのライブ録音

復刻CD
朝比奈 ベートーヴェン 交響曲第9番

実は、この合唱には、私も参加している。合唱指導は、CDでは木村四郎氏の名前が出ているが、このとき、実際は、手塚幸紀さんが、民音の第9の演奏会を数回やっていたので、実際のところ手塚さんが相当リハーサルをおこなっている。この年に手塚さんが練習の多くを行ったことで、大フィル合唱団が格段の進歩をみせている。それ以前より、より正確に演奏しているということができる。

バリトンのソロは、この前の年に、別のバリトン歌手が出てきたが、リハーサルの態度が尊大で顰蹙をかっただけでなく、本番は大失敗というオマケつきだった。この年は前年の歌手にかえて、木村さんのきわめて誠実な歌唱となり、レベルもあがった。常森さんが非常な人気で、あとの打ち上げでもものすごくもりあがった記憶がある。

朝比奈さんは、大フィル合唱団が出来た年こそ、12月の第9の過半を指揮していたが、この年は年末だけだった。年末に2回連続で行うようになってからは、その2回がまったく違うスタイルの演奏で、これがまた面白かった。初日は、69分、2日目は78分とか、大きくテンポも違うのであった。しかし、あの大阪フェスティヴァルホールが2日とも満員になるのである。すごい人気である。

さて、この第9であるが、朝比奈さんとしては、かなりテンポが早い。
ぐいぐいと押してくるエネルギー感が素晴らしい。
オケの精度も学研のものとは比べ物にならない。
第9は、朝比奈さんが200回も演奏した曲である。その自信もあると思う。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です