ブラームス 二重協奏曲・大学祝典序曲 海野、堤、朝比奈隆 新日本フィル 1988


4547366267358

ブラームス 二重協奏曲
[収録曲]
ブラームス
1. ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲イ短調作品102
2. 大学祝典序曲作品80

海野義雄(ヴァイオリン)、堤剛(チェロ)(1)
朝比奈隆(指揮)
新日本フィルハーモニー管弦楽団

[録音]
1988年5月11日&12日、神奈川、綾瀬市文化会館
DDD

巨匠・朝比奈が日本を代表する名手を従えた感動の《ドッペル》。
生涯を通じてライヴ録音の多さが目立った朝比奈隆の、珍しいセッション録音。80歳時の記録だが、もちろん音楽は矍鑠として迫力満点。海野義雄と堤剛という、日本を代表する大ヴェテランのソリスト2人を従えての《ドッペル・コンチェルト》は、遅いテンポでじっくりと歌われる、密度の高い音楽が大きな感動を呼ぶ。朝比奈唯一の録音となった《大学祝典序曲》も朝比奈らしく力強い、手応え確かな演奏。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です