シベリウス 交響曲第2番 朝比奈隆 大阪フィル 1975

シベリウス 交響曲第2番 朝比奈隆 大阪フィル

4580139520656

朝比奈 シベリウス

朝比奈隆と大阪フィルハーモニー交響楽団の’75年欧州楽旅シリーズの第4作となるアルバム。シベリウス「交響曲 第2番」をメインとしたイタリア、ヴェネツィアのフェニーチェ劇場における公演の模様を収録。 (C)RS

Share

ブラームス 交響曲第1番 朝比奈 東京都交響楽団 1996

zap2_g5458077w

朝比奈 東京都響 ブラームス 1

朝比奈さんのブラームスのなかでは、もっとも重厚でど迫力のある1番です。
最晩年は、比較的あっさり気味だったので、昔の朝比奈さんのファンにとっては、非常に懐かしく感じたものです。

+++++++++++++++++++++++++++

演奏時間53分・・・奇跡の音魂!
ベートーヴェン、ブルックナーと並び、朝比奈がその演奏に最も力を込めたブラームス。朝比奈が東京でおこなった「ブラームス・ツィクルス」は3回でした。第1回目の1990年、そして第3回目の2000年に新日本フィルを指揮しての公演は、既にCD化しております。(FOCD9206)
今回収録の交響曲 第1番は「第2ツィクルス」にあたる1996年の演奏で、4月から6月にかけて都響・東響・新日本フィルの3団体を指揮しておこなわれました。本盤は、その第1回公演のライヴ録音です。
1996年、87~88歳であったこの年、朝比奈は多忙を極めます。新日フィルとのツィクルス第2回公演終了後には渡米、シカゴ響とブルックナー第5番を共演。そして帰国後まもなく東響とのツィクルス第3回公演に臨み、同年10月には再びシカゴ響の公演に登場するというものでした。
本盤のブラームスは、均整美を追究した最晩年の演奏様式に至る直前のものです。演奏時間は53分におよび、圧倒的な奇跡の音魂は、「これぞ、朝比奈 大演奏」という称揚の言葉しかありません。<生誕100年>を記念する新たな名盤の登場です。 [コメント提供;フォンテック]

Share

シューマン 交響曲第3番 ライン 朝比奈隆 大阪フィル 1994

朝比奈隆指揮、大阪フィルハーモニー交響楽団の演奏によるシューマン「交響曲第3番『ライン』」を収録した1994年録音盤。ボーナス・トラックとしてリハーサル風景を収録。 (C)RS

4988013296909

シューマン ライン

Share

ワーグナー 神々の黄昏から 朝比奈隆 大阪フィル 1983

ワーグナー名演集
4988003410230

朝比奈 ワーグナー 名演集

ワーグナー:
1. ジークフリートの牧歌
2. 楽劇「神々の黄昏」から ジークフリートのラインへの旅
3. 楽劇「神々の黄昏」から ジークフリートの葬送行進曲(第3幕)
4. 楽劇「神々の黄昏」から ブリュンヒルデの自己犠牲と終曲(第3幕)
【演奏】
朝比奈隆(指揮)、大阪フィルハーモニー交響楽団
曽我栄子(ソプラノ)(4)
【録音】
1983年10月4日 大阪,フェスティヴァル・ホール(ライヴ)

名演集となっているが、神々の黄昏から抜粋と言った方がいい。
1980年代の粗削りではあるが、非常に迫力のある名演。

Share

マーラー 大地の歌 朝比奈隆 大阪フィル 1995 キャニオン

マーラー 大地の歌 朝比奈隆 キャニオン

朝比奈隆編。大阪フィルハーモニー交響楽団の演奏による、マーラー「大地の歌」を収録した1995年録音盤。24bitリマスタリング、HDCD。 (C)RS
JMD (2010/06/14)

Share

マーラー 大地の歌 朝比奈隆 大阪フィル 1984 ファイアバード

マーラー 大地の歌 朝比奈 キング

【曲目】
マーラー:交響曲「大地の歌」
【演奏】
朝比奈隆(指揮)、大阪フィルハーモニー交響楽団
伊原直子(アルト)、林 誠(テノール)
【録音】
1984年10月19 日 大阪フェスティヴァル・ホール(ライヴ)

Share

マーラー 交響曲第9番 朝比奈隆 大阪フィル 1975 東京文化会館

マーラー 交響曲第9番 朝比奈 1975

【曲目】
マーラー:交響曲第9番ニ長調
【演奏】
朝比奈隆(指揮)、大阪フィルハーモニー交響楽団
【録音】
1975年7月19日、東京文化会館
※ステレオ録音[ライヴ]

Share

マーラー 交響曲第9番 朝比奈隆 大阪フィル 1983 フェスティヴァルホール

第190回定期演奏会の模様。同曲3回目の演奏となるが、同年4月14日に行った東京響との演奏が最後となったため、大阪フィルとはこれが最後の演奏となった。作為性のない無骨な表現ながら、朝比奈だけが表現できる独自の世界があり、唯一無二の境地を示した演奏。
キングレコード

マーラー 交響曲第9番 朝比奈 キング

【曲目】
マーラー:交響曲 第9番 ニ長調
【演奏】
朝比奈隆(指揮)、大阪フィルハーモニー交響楽団
【録音】
1983年2月15日 大阪,フェスティヴァル・ホール(ライヴ)

Share

マーラー 交響曲第7番 朝比奈隆 大阪フィル 1981 東京文化会館

マーラー 交響曲第7番 朝比奈隆

【曲目】
マーラー:交響曲第7番
【演奏】
朝比奈隆(指揮)、大阪フィル
【録音】
1981年7月28日、東京文化会館
※第20回東京定期演奏会でのライヴ
CD 大阪フィル GDOP-2006

Share

マーラー 交響曲第6番 朝比奈隆 大阪フィル 1992

マーラー 6 新 朝比奈

4580139520489

未発表音源登場!
作品を聴衆になんとか広めたいという使命感を持って始められた「ブルックナー」とは違い、最初から楽譜の指示通り、書かれている通りに、といった指揮者本人の意思で始まった“マーラー・チクルス”は、その普段とは違う見通しの良い演奏に聴衆も戸惑い、ごく最近まで評価が遅れていた。この92年の確信に満ちた圧倒的な名演は、「朝比奈のマーラー」を考える上でも、忘れがたいドキュメントであると思う。6番の強烈な曲想を渾身の力で振る朝比奈にオーケストラも表現の限界に挑戦している。[レーベルによる商品コメントを転載させていただきました]

2/18/1992:第262回定期演奏会

Share