ブルックナー 交響曲第1番 朝比奈隆 日本フィル 1983年 ビクター

ビクターのブルックナー交響曲全集にフィルアップされているもの。最初は単発で出ていた。

今は、復刻盤が出ている。(全集のばら売りの形なので、8番のフィナーレがついているが・・・)

朝比奈 ブルックナー 交響曲第8番②、第1番

1983年1月28日、東京文化会館でのの日本フィルの演奏会のライブ。このころの朝比奈さんの演奏は、カテドラル公演くらいしか聴いていないので、これはライブは聴いていない。

この当時から、朝比奈さんの演奏は、そのすべてが録音されるようになっている。

この演奏、ライブ感もよく出ていて、なかなかいい音である。

第1楽章

足取りは、ジャンジャン盤より軽い。日本フィルもなかなか善戦している。音が大フィルよりもずっとやわらか。オケの技術は、今のレベルからするとかなり落ちる。表情もすこしおとなしい。
後半になってけっこうのってきて、なかなかいい音を出している。

第2楽章

金管楽器の和音はおとなしい。弦もおちついた音色である。
ホールトーンがうまく生かされていて、第1楽章とくらべ、はるかに洗練されている。
かなり自由なテンポの変化があり、十分美しい。

第3楽章

朝比奈スタイルのスケルツォとしては、比較的軽めの表現。全体的な音色もおだやか。テンポは比較的ゆったり目ではある。

第4楽章

かなりきちんとしてきて音もまとまりが出てきている。音も洗練されてきた。
大阪フィルより音が明るい。展開部のところで、少し音楽がながれなくなる。最初と最後の出来がいい。

Share

ブルックナー 交響曲全集 朝比奈隆 大阪フィル/東京都響/東京響/新日本フィル ビクター

大手レコード会社は、ブルックナーを体系的に録音する機会を逸してしまい、ジャンジャンに先を越されてしまったのですが、日本ビクターがその後、目白の東京カテドラル教会のライブをメインにして、その後の個別の録音を行いまとめたセットです。

ブルックナー 交響曲全集 朝比奈 ビクター

この全集は、現在バラで復刻され、入手しやすくなりました。

この全集ができるその前提として、朝比奈さんのすべてのコンサートをレコーディングしよう、というプロジェクトがはじまっていたわけです。ビクターのあとは、キング、キャニオン、EXTON,フォンテック、いろいろな会社の録音がされました。その後大フィルも出すようになりました。

東京カテドラルの演奏がベースになっていて、それに単発ものをくっつけているという構成です。ある時期のブルックナーですが、一貫性がないのが難点です。ただ、全盛期の演奏だけに、基本的に水準の高い演奏です。カテドラルは、2回目を優先、1回目からは、5と9を採用されましたので、4番ははいりませんでした。この4番、ある意味記念碑的な演奏だったのですが。ただ、この第1回目のカテドラルでこの全集にはいらなかった演奏は、タワーレコーとから非常に廉価で出ました。

朝比奈さんの全集では第0番がはいっている唯一のものですが、最初に発売されたときは、世界で最初だという触れ込みでした。ハイティンクの方が先のような気もしますが。

スコアは、朝比奈さんは基本的にハース版です。9番は、ハースがないので、オレル版です。

第3番については、ハース版がないので、全集ごとに版が違います。これは、ノヴァークの第2稿です。
ジャンジャンは、エーザー版、キャニオンのは、ノヴァーク第3稿といわれていましたたが、改訂版でした。それで、ついに実現しなかった2001年の定期演奏会の版が話題になっていました。このスコア、バカ息子が棺にいれてしまったらしく、わからないのですが、第1稿だったということなのですが。息子も一応音楽家だから、わかっているはずだろうけども・・・。

全集については、最初にまとめて出て、のちに追悼盤となって再発されました。再発売でリマスターされています。

これから、全部のレビューをしますので、今の時点で聴き直します。

今回聴くのは、最初に出た全集です。

なお、私が、この録音になった実際の生演奏を聴いているのは、

第0番、第5番、第7番、第8番、第9番です。

+++++++++++

第0番 大阪フィル 1978.6,5 大阪フェスティヴァルホール

第1番 大阪フィル 1983.1.29 東京文化会館

第2番 東京都響  1986.9.11 東京文化会館

第3番(ノヴァーク第2稿)大阪フィル 1984.7.26 大阪フェスチヴァルホール
 
第4番 大阪フィル 1989.2.17 大阪フェスティヴァルホール

第5番 東京都響 1980.9.3 東京カテドラル第1回シリーズ

第6番 東京交響楽団 1984.1.28 東京文化会館

第7番 大阪フィル 1983.9.13 東京カテドラル第2回シリーズ

第8番 大阪フィル 1983.9.14 東京カテドラル第2回シリーズ

第9番 新日本フィル 1980.6.4 東京カテドラル第1回シリーズ

0.5.9がアナログ録音

そのほかがデジタル録音

****************
朝比奈隆 ブルックナー 交響曲全集 2回目 ビクター盤 ミュージックグリッド復刻

復刻専門メーカーのミュージックグリッドから、ばら売りがされています。
ただ、全集をそのまま1枚ずつバラにしていますので、曲によっては、2枚にまたがっていますので、要注意。

朝比奈 ブルックナー 交響曲第5番①

朝比奈 ブルックナー 交響曲第5番②、第0番

朝比奈 ブルックナー 交響曲第2番

朝比奈 ブルックナー 交響曲第3番

朝比奈 ブルックナー 交響曲第4番

朝比奈 ブルックナー 交響曲第6番

朝比奈 ブルックナー 交響曲第7番

朝比奈 ブルックナー 交響曲第8番①

朝比奈 ブルックナー 交響曲第8番②、第1番

朝比奈 ブルックナー 交響曲第9番

朝比奈隆 ブルックナーを語る

Share

ブルックナー 交響曲第4番 朝比奈隆 日本フィル 1980年 カテドラル

1980年に東京カテドラルで行われた、5つのオーケストラを使ったブルックナーのコンサート。これは梶本音楽事務所の企画だった。この演奏会は、直後にデラックスなLPのセットで発売された。その後、5番、9番はビクターの全集に収録されたが、それ以外については、今回はじめてCD化された。タワーレコードの企画で、4枚で3000円という廉価盤である。1980年というデジタル録音が出る前の、最高のアナログ録音で、びっくりするほど音がよい。これはSACDで聴いてみたいな、と思う。

ジャンジャンの全集直後の、朝比奈さんとしては初期のブルックナー演奏の記録である。まだ、東京の定期演奏会で、当日券が楽に買えた時期。まだ70歳代だ。私も大阪フィルの合唱団で直接お世話になっていて、本人とまだいろいろお話することも多かった時代だ。当時私は社会人2年目。銀行に就職が決まったときに、朝比奈さんにも報告に行った。それはよかった、と喜んでくれた。

このコンサートは、朝比奈さんが、聖フロリアン教会での演奏をやって、日本でも教会でやってみたい希望が、いろいろな方々の尽力で実現したものである。宇野功芳氏もその推進者だったが、実際の演奏に接してネガティブなコメントが多く、その後1983年にもう1回カテドラルでのコンサートシリーズがあったが、その後実現していない。そもそも、ブルックナーは教会のオルガニストだったから、その交響曲も教会の残響を考えて作曲したのだろう、という話にもとづく。交響曲には、多くのゲネラルパウゼがあることがその根拠になっている。

朝比奈さんの聖フロリアンでの演奏会は、当のフロリアンでも初めてだったらしい。この演奏のあと、マルモアザールではなくて、教会のドームの方でいろいろなブルックナーのコンサートが行われた。没後100年は、ピエール・ブーレーズがウィーンフィルと8番を演奏したし、あとヨッフムもやっている。

このカテドラル公演は、当初全然チケットが売れなかった。当時、梶本に友人がいて、彼に頼んでチケットを入手したが、まったく売れないと言っていた。しかし、その後のいろいろな努力があったのだろう、各公演は満員だった。

そして実現した第4番。それは夢のような音響空間だった。最初のホルンがきこえてきたとき、鳥肌がたった。音があっちこっちから聞こえてくるのだ。第3楽章の角笛は、天から降ってくる感じだ。東京カテドラルというのは、席によって、まったく音響が異なるそうで、いい席とそうでない席とは満足度が違うようである。この演奏も、その前のジャンジャンのものも、オケがやりたい放題鳴らしているという感じがして、音楽のエネルギー感がすばらしいのだ。音楽的な完成度としては、やはり最後の2001年のものだろうが、このころの演奏も楽しく聴ける。

これを聴いているよ、そのときの記憶がよみがえる。まだ、朝比奈さんのブルックナーがそんなに神格化される前の話である。

このカテドラルのコンサートでは、宇野さんは、残響は要らないというコメントをしていた。響きすぎて、何をやっているのかわからない、ということだそうである。

しかし、私は、この残響を好む。音が重なって聴こえないという以上に、この陶酔感は他では味わえないものだ。ギュンター・ヴァントのリューベックの第8番、第9番の録音がある。あれも残響がすごく長い。ヴァント自身それが気に入らなかったらしく、あとでこの2曲は録音しなおしている。その再録音もすばらしいが、私がよく聴くのは、リューベックの方である。朝比奈さんのブルックナーも聖フロリアンははずせないのだ。

Share

東京カテドラルにおけるブルックナーシリーズ 1回目 1980年

ブルックナーの演奏には、残響があったらどれだけいいだろう。

という発想で企画された演奏会のシリーズです。

このシリーズは、1980年と1983年に行われました。

最初の企画は、異なるオケによるものでした。

第4番 日本フィル 5月12日

第9番 新日本フィル 6月4日

第5番 東京都交響楽団 9月3日

第7番 東京交響楽団 9月13日

第8番 大阪フィル 10月24日

この企画は、梶本音楽事務所によるもので、当時私の友人が梶本にいたので、チケットを入手したのですが、最初のころ、売れなくて大変だったそうです。

それでも、演奏会そのものは、満員でした。

私は通しで買っていましたが、残念ながら、最後の第8番は、仕事でかけつけたときは、あの神がかり的なオヴェイションの最中でした。

この演奏は、最初、LPでカテドラルシリーズのセットで発売されました。

しかし、CDでは、バラバラになっています。このシリーズの発想は、どうしてもその音響にあるので、まとめてセットにした方が、一貫性があります。

今このシリーズは、

第5番、第9番がヴィクターの全集に入っています。

第4番、第7番、第8番は、タワーレコードからセットで発売されています。

第5番、第9番が、XRCDで出ています。

これについても、個々の演奏については、ひとつずつ書く予定にしています。

最初、第4番を聴いたとき、あの長い残響の快適さは忘れません。

とくにロマンティックの第3楽章のあのホルンの響きが天上からふってくるのです。

このカテドラル教会の響きはものすごく長く、確かに全奏部分では、何がなんだかわからなくなります。しかし、このひびきにつつまれる体験は貴重でした。

ギュンター・ヴァントの録音でもリューベックの第8と第9があり、あれもものすごい残響で、本人が気に入らなくて再録音していますが、私は、あの旧録が好きです。

このシリーズ、今聴いても圧倒されます。非常に表現意欲はつよく、面白い演奏が多いです。各曲オケが全部別ですが、朝比奈トーンになっているのがまた興味深いところです。

Share