朝比奈隆のすべて [新春クラシックスペシャル’97] 【1997年】

朝比奈隆のすべて [新春クラシックスペシャル’97] 【1997年】

朝日放送が正月の朝はやくに放送したものです。

テーマはベートーヴェンですが、演奏は、チャイコフスキーの交響曲第5番や、スメタナのモルダウが目立ちます。

若き日の佐渡裕氏とのインタビューがあります。

Share

朝比奈隆 ~不滅の音楽のために~ [新春クラシックスペシャル ’99]

朝比奈隆 ~不滅の音楽のために~ [新春クラシックスペシャル ’99]

ブラームスが中心ですね。
京大オケとのリハーサルが面白い。
朝比奈隆、小澤征爾の対談もあります。

朝日放送、正月の早朝に放送されたものです。

Share

ブルックナー 交響曲第8番 朝比奈隆 大阪フィル シンフォニー 2001

朝比奈隆の軌跡シリーズの最後のシリーズでは、ブルックナーがとりあげられ、5,8,9が演奏され、そのうひ8番は、一般発売されていない。
朝日放送で、この大阪での8番は放送されたのであるが、その後DVDが朝日放送から発売される予定であった。
しかし、このシリーズは、8番は、サントリーの公演がEXTONから発売されたのみで、この大阪のシンフォニーホールのシリーズは出ていないのである。

私は、この演奏会に行っている。

最近、YouTubeで、この4楽章と思われる映像をみつけたので、アップしておきます。

Share

ヴェルディ レクイエム 朝比奈隆 大阪フィル 1995

ヴェルディ レクイエム

朝比奈隆指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団

井岡潤子 (ソプラノ), 西明美 (アルト), 市原多朗 (テノール), 多田羅迪夫 (バス),
大阪フィルハーモニー合唱団 、 堀俊輔 (指揮), 岩城拓也 (合唱指揮)

ヴェルディ レクイエム 朝比奈隆

Share

R.シュトラウス アルプス交響曲 朝比奈隆 大阪フィル

アルプス交響曲 朝比奈 大阪フィル

R.シュトラウス アルプス交響曲 朝比奈隆 大阪フィル

朝比奈隆指揮、大阪フィルハーモニー交響楽団の演奏による、1997年4月に大阪フェスティバルホールで行われた大阪フィル創立50周年(2002年当時)記念コンサートの模様を収録したライヴ録音盤。
ゲストとしてシカゴ交響楽団首席ホルン奏者、デール・グレベンジャーが参加。 (C)RS

朝比奈さんのアルプス交響曲は、とくに北ドイツ交響楽団との名演があり、それもとてもよい演奏だが、やはりこの大阪フィルとの演奏が、もっとも表現が多彩で、かつ永年の信頼関係からする自在さというか、ダントツに聴き映えがする。

Share

マーラー 大地の歌

マーラー 大地の歌

朝比奈隆指揮

1.大阪フィル 1984 ファイアバード

2.大阪フィル 1995 キャニオン

Share

マーラー 交響曲第9番

朝比奈隆指揮 

1.大阪フィル 1975

2.大阪フィル 1983 ファイアバード

Share

マーラー 交響曲第6番

朝比奈隆指揮

1.大阪フィル 1979

2.大阪フィル 1992

Share

マーラー 交響曲第2番

マーラー 交響曲第2番
朝比奈隆指揮

1.大阪フィル 大阪フェスティヴァルホール プライベート盤

2.大阪フィル 1987 シンフォニーホール ファイアバード

3.大阪フィル 1995 シンフォニーホール キャニオン

4.大阪フィル 1995 シンフォニーホール DVD

Share

ブルックナー 交響曲第7番 朝比奈隆 大阪フィル 1975 西独ランダウ、スターティシェ・フェストハレ

ブルックナー 交響曲第7番 朝比奈隆 大阪フィル 1975 西独ランダウ、スターティシェ・フェストハレ

大阪フィル最初のヨーロッパ公演で、あの有名な聖フロリアンでの演奏のあと、西独ランダウ、スターティシェ・フェストハレで行われたライブ録音。
一時、ぶらあぼで配信されていたもの。

私は、この配信を知っていたが、いずれCDで出ると思い、ダウンロードをためらっていたところ、配信がストップしてしまい、いまだに聴いていない。
ホールの影響もあって、とくに第2楽章のテンポがフロリアンより短い。
フローニンゲンの演奏もそうだが、スタイルとしては、フロリアン盤と同じだろう。ただ、残響が根本的に違うから、こういったテンポにもあらわれるし、演奏の印象も違うのだと思う。

         聖フローリアン盤 ランダウ盤
第1楽章     22:49   22:11
第2楽章     25:01   23:05
第3楽章     9:34    9:32
第4楽章     14:02   13:27

Share