マーラー 交響曲第4番 朝比奈隆 大阪フィル 1968年


朝比奈 マーラー 交響曲第4番
通販で申し込んでいたが、やっと入手した。

朝比奈さんファンにとって、まさに涙なしに聴く事ができない、発掘モノとしては、最上級のものである。

朝比奈さんは、マーラーを第1はやらないと公言していたわけだが、第4はやった歴史があった。しかし、晩年とりあげなかったから、どういう演奏だったかは、非常に気になるところであった。

それが、今、聴く事ができる。

朝比奈さんが存命だったら、この演奏について、何とコメントしただろう。

朝比奈さんのマーラーは、名演が多いのである。この演奏は、1968年で、東京文化会館のライブ。モノラルだが、けっこう音はよい。

第3楽章がやはり、とてつもない名演奏。すなおな表現だが、非常によくうたう。後年のザッハリッヒなマーラーより、この方が面白い。けっこうテンポも動く。

大フィルのレベルだって、悪くない。

樋本栄さんは、大阪のソプラノの大御所である。イタリアもののオペラをよくうたっていたし、私も大フィルの合唱団時代、ソリストとして、第九などに出ていた。思ったよりもすっきりしたうたい方で、よかった。イタリアっぽい歌い方ではあるが。

しかし、なぜ、晩年にとりあげなかったのだろう。

HMVコメント

朝比奈隆初のレパートリー!
マーラー交響曲第4番登場!

ついに封印が解かれました! 朝比奈初のレパートリー、マーラー交響曲第4番の登場です。朝比奈がその生涯にこの曲を指揮したのは1968年の2回(3回とも言われております)だけでした。
 しかし演奏内容は、朝比奈がなぜこの曲をレパートリーから外してしまったのか理解に苦しむほど素晴らしいものです。
 第1楽章展開部クライマック豪快さは、60歳になったばかりで気力体力共に充実していた巨匠のエネルギーをいやというほど見せ付けます。そして21分をかけて丹念に歌いこまれた第3楽章では、美と恐れの両立した演奏が繰り広げられ、当演奏の白眉と言える内容となっています。楽章終わりの雷鳴をあらわす激しい部分の迫力にも凄まじいものがあり、自然の脅威を強大に示しているのが印象的。
 音は残念ながらモノラルですが、放送用収録のため、周波数レンジやダイナミック・レンジは十分な水準に達しており、テープの保存状態も良好だったため、マーラー作品の鑑賞にも問題のないクオリティが保たれています。なお、マスタリングはドイツのWEITBLICKレーベルでおこなわれています。

【ヘンリー・フォーゲル(元シカゴ響総裁)の解説より】
朝比奈の演奏がすばらしいのはあらゆるものを把握して表現している点である。朝比奈の指揮ぶりについてよく知っている人たちはアダージョの最初のパートで美しく内面を見つめるような演奏を予想するところだが、楽章の終わり、クライマックスの爆発における獰猛な様にびっくりするかもしれない。マーラーのスコアでは多くの箇所で記載されているが、しばしば控えめに演奏されてしまうポルタメント(ある音から次の音へスライドしていく)を実に効果的に使って、朝比奈は鋭く辛辣で奥深い感情をすみからすみまで付け加えていく。そしてスケルツォの恐ろしさで身震いするような低音(表面からかなり離れて下方にあるわけでは決してない)はこの解釈からすればはっきりと明確に奏でられる。

【収録情報】
・マーラー:交響曲第4番ト短調

 樋本栄(ソプラノ)
 大阪フィルハーモニー交響楽団
 朝比奈隆(指揮)

 録音時期:1968年9月2日
 録音場所:東京文化会館(大阪フィル第7回東京定期演奏会)
 録音方式:モノラル(ライヴ)
 音源提供:朝日放送
 エンジニア:幸西徹昌

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です