楽は堂に満ちて (1978年) (私の履歴書) 朝比奈隆著

日本経済新聞に、1978年に掲載された連載を単行本にしたものである。

朝比奈さんの自伝で、これではじめて知った話も多い。

朝比奈家の養子になったこと、実の母親とかお姉さんとか、養親がなくなってはじめて血縁があると知ったとか。
フロリアンのことも書いてある。

今は残念ながら絶版であるが、古本でけっこう入手できる。

Share

朝比奈隆のオペラの時代 武智鉄二、茂山千之丞、三谷礼二と伴に

朝比奈隆のオペラの時代 武智鉄二、茂山千之丞、三谷礼二と伴に

日本オペラの黄金時代を築いた朝比奈隆。いつ頃からオペラの指揮を始めたのか。どのように“武智オペラ”が生まれたのか。三谷礼二演出のオペラとはどんなものだったのか。朝比奈隆のオペラの時代を振り返る。

朝比奈さんは、昔は、けっこうオペラの指揮をしていた。
イタリアのものが多かったが、スタンダードナンバーをよくやっていた。

私が見たのは、ヴェルディの椿姫。
関西歌劇団。オケは、大フィルである。

すごいのは、日本語の訳詞であること。
その翻訳を朝比奈さん自ら手掛けていることである。

晩年はオペラといえば、新日本フィルのニーベルンクの指環であろうが、あれは演奏会形式だった。あと、フィデリオ。

椿姫は、タイトルロールがダブルキャストで、表が樋本栄、裏は、栢本淑子だった。私の高校の後輩でオペラを学んでいる方の師匠ということで、栢本さんの方を聴きに行ったのであった。

Share

ブルックナー 交響曲第5番 朝比奈隆 大阪フィル 東京文化会館 1973

ブルックナー 交響曲第5番 朝比奈 1973

朝比奈隆 伝説中の名盤ついにSACD化
1973年伝説の東京ライヴ「ブルックナー: 交響曲第5番」

朝比奈と大フィルが「討死に覚悟」で東京に乗り込んできた、あの名演がついにディスク化された。豪快で骨太。あの時のことを思い出し、久々にわくわくさせられた。
=宇野功芳=

朝比奈のブルックナー演奏の中でももっとも有名な演奏の一つ。この演奏を生で聴いた人々すべて人々が仰天し今日まで語りぐさとなったもの。宇野功芳氏も著書の中で幻の大演奏と激賞したもので、ついにFM 東京のオリジナルテープからこの伝説的演奏が日の目を見ました。ともかく壮年期の朝比奈(60代)の乗りに乗った演奏、晩年には若干失われた緊張感の持続もバツグンで異常なボルテージ。しかも大団円での金管大爆発、いやほんとに圧倒されます。朝比奈のファンでなくともこの演奏には間違いなく打たれるはずと確信いたします。SACD用にマスターテープさかのぼり新マスタリング。
キングインターナショナル

Share

ブルックナー 交響曲第0番 朝比奈隆 東京都交響楽団 1982

ブルックナー 交響曲第0番 朝比奈隆
東京都交響楽団 1982年5月12日 東京文化会館 ライブ FONTEC

朝比奈さんのブルックナーの第0番は、3種の録音がありますが、その最後のもの。
さすがに、これが一番完成度が高いです。

ブルックナー 交響曲第0番 朝比奈 東京都交響楽団

戦後まもなくブルックナー演奏を開始した巨匠朝比奈隆ですが、意外にも“日本初演”を指揮したのは第0番だけでした。朝比奈によるブルックナーの音源は数多く残されましたが、第0番となると1978年盤(ビクターの全集)があるのみでした。今回、初出となる東京都交響楽団との演奏は、ノヴァークの新原典版が出版されて間もない頃に行われたものです。朝比奈は、この時点で既に新版を十分に咀嚼してオーケストラを指揮しており、ブルックナー自身が「全然通用しない単なる試作」と呼んだこの作品が、実はまぎれもない傑作であることを証明しています。都響は、このライヴの前月にはジャン・フルネを指揮台に招いていますが、本演奏においてもしなやかさと重厚な響きを両立させた素晴らしいブルックナーを聴かせており、正しく快演。

Share

ブルックナー 交響曲第9番/テ・デウム 朝比奈隆 東京交響楽団

ブルックナー 交響曲第9番/テ・デウム 朝比奈隆 東京交響楽団
1991 オーチャードホール

ブルックナー 交響曲第9番/テ・デウム

Share

ブルックナー 交響曲第9番 朝比奈隆 東京交響楽団 1996

ブルックナー 交響曲第9番 朝比奈隆 東京交響楽団

ブルックナー 交響曲第9番 東京交響楽団

Share

ブルックナー 交響曲第8番 朝比奈隆 東京交響楽団 1993

ブルックナー 交響曲第8番 朝比奈隆 東京交響楽団

ブルックナー 交響曲第8番 東京交響楽団

Share

ブルックナー 交響曲第7番 朝比奈隆 東京交響楽団

ブルックナー 交響曲第7番 朝比奈隆 東京交響楽団

ブルックナー 交響曲第7番 東京交響楽団

Share

ブルックナー 交響曲第5番 朝比奈隆 東京交響楽団 1995

ブルックナー 交響曲第5番 朝比奈隆 東京交響楽団

ブルックナー 交響曲第5番 東京交響楽団

Share

ブルックナー 交響曲第5番 朝比奈隆 東京都交響楽団 2000年

ブルックナー 交響曲第5番 朝比奈隆 東京都交響楽団

2000年3月29日サントリーホールライブ

ブルックナー 交響曲第5番 東京都交響楽団

東京都交響楽団のFONTEC原盤のブルックナーは、セットでシングルレイヤーSACDでも発売されています。

ブルックナー 交響曲選集 東京都交響楽団 SACDシングルレイヤー

朝比奈さんは、東京都交響楽団でブルックナーを度々演奏しています。
1980年の東京カテドラルでも第5番を演奏しています。

東京カテドラルでの様式感はここでも共通ですが、もっとゆっくりとスケールの大きな演奏が繰り広げられています。

Share