ベートーヴェン 交響曲第8番 朝比奈隆 大阪フィル 1977

ベートーヴェン 交響曲第8番

朝比奈隆指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団

1977年12月29日 大阪フェスティヴァルホールでのライブ録音

朝比奈 ベートーヴェン 交響曲2.8

このコンサートは後半は第9です。2日連続で行われていますが、その初日の方の演奏。

このチクルスは、アナログ録音で、なかなか豊かな音になっています。

第8番も規模的には、小さな曲ですが、大交響曲として演奏していますね。

構成がしっかりしていて、奏者の表現意欲も強くて、なかなか面白い表現になっています。打楽器の強奏が目立ち、かなりがっちりした音作りながら、全体的にゆったりとした風格も感じさせる名演です。

学研の演奏よりもずっとしなやかで歌があります。表情が楽しげでもあります。はずんだような表現もあります。

Share

ベートーヴェン 交響曲第7番 朝比奈隆 大阪フィル 1977

ベートーヴェン 交響曲第7番

朝比奈隆指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団

1977年9月28日 大阪フェスティヴァルホールでのライブ録音

この演奏は、復刻されバラで購入できます。
朝比奈 ベートーヴェン 交響曲1.7

序奏の部分など、ガチガチしていなくて、丁寧に歌っており、意外にやわらかな表現なのに驚く。主部からも硬さがなく、意外にはやいテンポですすんで行く。こんなさわやかな表現だったっけ、と感じた。

最後は、テンポもはやく、豪快に締めくくる。

Share

ベートーヴェン 交響曲第5番 朝比奈隆 大阪フィル 1977

ベートーヴェン 交響曲第5番 
朝比奈隆指揮 大阪フィル

1977年5月12日
大阪フェスティヴァルホールでのライブ録音

朝比奈 ベートーヴェン 交響曲4,5

このときのライブは、第4番とセットになっていました。

ビクターから出たベートーヴェン交響曲全集は、最初LPでバラで発売されましたが、これが最初の1枚。SJX-9501 という番号でした。LP1枚に1曲。

最初のCD全集では、この演奏は採用されず、1982年のものがはいっていました。録音のバランスが悪いというのがその理由でした。

最初の記念スべき録音なのに、それに、朝比奈さんは、チクルスで行うことがそのポリシーなのに、こういうことをされるのには理解に苦しみましたが、後年セットになったときは、この元の演奏が採用されました。最初にCDが出たとき、これほどたくさん朝比奈さんのベートーヴェンが録音されるとは思わなかったのでしょう。その完成度を重視したわけです。しかし、後年になって、いろいろ出だすと、まさに1977年という時期が重要になります。

この第5番ですが、貴重な演奏です。
ちょっとほかの演奏と感覚が違います。
よりゆったりとしており、おおらかで、響きがまろやかです。
第4楽章になって、従来の路線に近くなり、よりがっちりした表現になります。

第1楽章 アレグロ・コン・ブリオ/(ベートーヴェン)[8:46]
第2楽章 アンダンテ・コン・モート/(ベートーヴェン)[9:58]
第3楽章 アレグロ/(ベートーヴェン)[5:57]
第4楽章 アレグロ/(ベートーヴェン)[11:43]

Share

ベートーヴェン 交響曲第4番 朝比奈隆 大阪フィル 1977

ベートーヴェン 交響曲第4番

朝比奈隆指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団

1977年5月12日
大阪フェスティヴァルホールでのライブ

朝比奈 ベートーヴェン 交響曲4,5

この日のコンサートは、このあとに、第5番が演奏されました。

学研の全集もなかなかの名演奏ですが、これは、もう少し柔らかさがあり、自発性があります。音はアナログ的なやわらかさもあります。

おもったほどゴツゴツしていません。しかし、構造的には立派で、テンポも比較的はやめにしあげています。

Share

ベートーヴェン 交響曲第2番 朝比奈隆 大阪フィル 1977

ベートーヴェン 交響曲第2番
朝比奈隆指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団

1977年11月29日 大阪フェスティヴァルホールでのライブ録音

朝比奈 ベートーヴェン 交響曲2.8

この日は、後半にハ長調のミサが演奏されています。

この2回めの全集は、アナログ録音ということもあって、独特の広がりと、骨格はきちんとあるものの、独特の柔らかさ、そして、表情の大胆さがあります。

初期の交響曲ですが、非常に雄大な表現で、風格があります。

学研の全集とくらべ、格段に表現意欲があるのが特徴です。

まことに立派な第2番。

Share

ベートーヴェン 交響曲第1番 朝比奈隆 大阪フィル 1978

第2回めの全集の第1番

交響曲第1番ハ長調

朝比奈隆指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団
1978年3月3日 大阪フェスティヴァルホールでの実況録音

この演奏は復刻されバラで購入できます。
朝比奈 ベートーヴェン 交響曲1.7

この全集は、1977年の録音が主体だが1978年録音。全集録音では、最後に録音されたもの。

LPでは、このシリーズ最後に1番と2番のカップリングで出た。

このころの特徴がよく出た演奏。

基本的に楷書的だけれど、ときにわざとらしいスタッカートやらテヌートがでてきて、より自由な表現ででくる。

後年の演奏と比べると、やはりかなり重量級でずっしりとしている。後年は、もうすこしベートーヴェンの初期の軽快さが少し出ている。

まあ、これだけスケール感のある第1番は珍しい。

第1楽章 アダージョ・モルト ~ アレグロ・コン・ブリオ/(ベートーヴェン)[10:27]
第2楽章 アンダンテ・カンタービレ・コン・モート/(ベートーヴェン)[9:10]
第3楽章 メヌエット ~ トリオ (アレグロ・モルト・エ・ヴィヴァーチェ)/(ベートーヴェン)第4楽章 アダージョ ~ アレグロ・モルト・エ・ヴィヴァーチェ/(ベートーヴェン)[6:27]

Share

ベートーヴェン 序曲レオノーレ第3番 朝比奈隆 大フィル 学研 1972

レオノーレ第3番は、フェスティヴァルホールのライブです。さすがにライブだけあって、面白いです。音の勢いが全然違います。後年のものに近いですね。
やはり朝比奈さんはライブでこそ生きますね。

Share

ベートーヴェン 交響曲第9番 朝比奈隆 大フィル 学研 1972

ベートーヴェン 交響曲第9番
朝比奈隆指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団
平田恭子(ソプラノ)
伊原直子(アルト)
林誠(テノール)
高橋修一(バリトン)
石川県音楽文化協会合同合唱団
アサヒコーラス
グリーンエコー
アイヴィーコーラス
大阪メンズコーラス
【録音】
1972年12月27日
大阪フェスティバルホール(ライヴ収録)

第9のみは、ライブ録音。コーラスもソロも必要なので、年末のフェスティヴァルホールの演奏が採用されている。

さて、最後は第9です。
聴き始めてビックリです。後年の演奏とそう違いはありません。
むしろ、ひとつひとつ丁寧にすべての♪がきちんと演奏され、非常に重量感のある演奏になっています。乗ってくるとテンポもはやくなり、これがすごい迫力です。

Share

ブルックナー ミサ曲第3番 朝比奈隆 大阪フィル 1980年

k141507180.1

この演奏は、1980年の大阪フェスティヴァルホールにおける定期演奏会です。

プライヴェート盤が作られました。

私は、この時点で、すでに団員ではなく、演奏には参加していませんが、東京からかけつけて、聴きにいきました。

大阪フィル合唱団が1曲の練習に半年というのが通例だったのに、朝比奈の御大がわざわざ1年かけて練習した、熱意の産物です。

この演奏を聴いて、私は、涙がとまりませんでした。

おわってからの打ち上げで、バスがベネディクトゥスの旋律はわれわれしかないんだ、と自慢気に語っていたのを思い出します。

その後、カテドラルでもっとすっきりした演奏がなされ、それはLP、CDで公式に発売されましたが、こちらは、このプライヴェート盤しかありません。

公式録音ではないので、音の品位はすこし落ちますが、きれいな録音です。

この演奏の原因になった飲み会のもようを再録しますね。

朝比奈さんの思い出

Share

ブルックナー 交響曲第4番 朝比奈隆 大阪フィル 1989年 ビクター

ビクターの全集に含まれているもの。

朝比奈 ブルックナー 交響曲第4番

ビクター盤は、基本的にカテドラルのライブをメインにしているが、日本フィルのあの記念碑的な演奏ではなくて、大阪フィルのライブを採用している。このビクターの全集、やはりよく演奏される4番は大阪フィルということにこだわったのだろう。

名演だったカテドラルのライブは、ながいこと手にはいらなかったが、今は、タワーレコードが出している。あの実演での興奮はわすれられない。

これは、1989年2月17日の大阪フェスティヴァルホールのライブ。

この演奏のライブはきいていない。このころの大阪での演奏会にはほとんど行っていないのである。

ジャンジャンのものよりはるかに透明感があり、すっきりした印象がある。

第1楽章

最初のホルンの音が澄んでいない。が、そのつぎの弦からは音の純度が高くなる。あのジャンジャンのような、ものすごくうきうきする名調子はないのだが、十分な推進力をもってぐいぐいとひいている。やはり中間部以降なかなか快調で、金管の音も澄んでくる。

第2楽章

おちついた足取りで、なかなか美しい演奏。ジャンジャンのときより、音質的には、向上している。

第3楽章

音に勢いがあるが、金管の音の純度が低いのが気になる。音の構成力とか、じゃんじゃん盤よりもスケールが大きくなっている。

第4楽章

最初のところの音のたての線がそろっていない。比較的合奏が雑なところが目立つ。音の勢いはあるが、どうも音が汚れてくるのが少々残念ではある。

Share