フルトヴェングラー 交響曲第2番 朝比奈隆 大阪フィル 1984 東京文化会館


4988002520534

フルトヴェングラー 交響曲第2番 朝比奈

フルトヴェングラーの交響曲第2番については、朝比奈さんが、なぜか演奏することに執念をもやした曲です。やりたくてやりたくてしょうがなかった。

それで、とうとう実現したのです。

オーケストラは、この曲をやることをおそれていたそうです。

それで、やはり大変でした。

大指揮者ですが、作曲家としては、どうみても一流ではないというのが、大方の評価でしょう。

しかし、そんなことは関係ないのです。朝比奈さんがフルトヴェングラーその人に心酔しているわけです。

それもその思いがタダモノでないのは、それが、第200回定期演奏会という、キリ番の会に用意したのです。それが、大阪の演奏会。それから、東京にもっていきました。

録音が残っています。1984年7月2日、東京文化会館、ライヴ録音です。

当初ビクターで出ていて、すぐに廃盤になりました。

ネットオークションでは、相当な価格がつきました。

そうしたら、タワーレコードが復刻しました。

今は、タワーレコードで買うことができます。

曲は、やはり退屈なんですね。長いだけ、としか・・・。

【曲目】
DISC-1
フルトヴェングラー:交響曲第2番ホ短調
第1楽章:アッサイ・モデラート・アレグロ
第2楽章:アンダンテ・センプリーチェ

DISC-2
フルトヴェングラー:交響曲第2番ホ短調
第3楽章:ウン・ポーコ・モデラート
第4楽章:ラングザーム・アレグロ

【演奏】
朝比奈隆指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団
【録音】
1984年7月2日、東京文化会館(ライヴ)

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です