朝比奈現象 東京と大阪の聴衆


朝比奈さんの最晩年のコンサート

東京はチケットがとれないほどの人気、熱演、一般参賀

でしたが、

大阪では、当日券が買え、演奏はさほど熱演ではなく、一般参賀もなし、

というのが特徴でした。

といってもですね、

東京では、東京文化会館かサントリーホールですが、

大阪では、あの巨大なフェスティヴァルホールなんです。というか。

東京は、東京だけではなくて、首都圏でもなくて、全国区なんです。そのひとたちが、サントリーの少ない席をとりあう。

大阪は、東京から行くひとは、当初はあんまりいなくて、あの巨大なホールに、関西圏の人間が聴きにいくわけです。

そもそも分母が違うんです。人口が全然違う。

それに、大阪では、朝比奈のオッサンは、聴けて当たり前でありがたみがない。

それで、晩年、東京に行くようになって、大阪をほったらかして東京ばっかし行ってけしからん、という人もいました。

東京の場合、聴衆がおそろしく若いんです。高校生もたくさんいる。これ、ものすごいことなんです。音楽マーケットの将来は明るい、と感じるわけです。

大阪の場合、むかしからのなじみが多いです。さすがに地盤だけあって。

朝比奈さんは、もともと大阪の人じゃないんですよ。しかし、関西に骨をうずめる決心をしてがんばってきた。

東京はもともと演奏会も少なかったんですよ。だからチケット取り合いになった。

まあ、それだけのことなんですよ。

大阪は、比較的ずっと冷静に見ていましたが、それはそれでいいんですよ。

演奏家としては、自分を認めてくれるところを見逃すわけにはいかないんです。

仕事ですから。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です